納棺の儀について

納棺の儀について

新昌寺では地元の老舗葬祭業社様の協力により、納棺の儀を執り行う事が可能です。

納棺の儀の始まり

その昔、お釈迦様が亡くなられた際に、その御遺体を香湯で洗われ、新しい布や綿でくるみ、棺に納められた事を起源とすると伝えられております。その後、亡くなられた御遺体を、水または湯を使い清める湯灌の儀として日本に伝来致しました。
 
日本では江戸時代には境内に湯灌場を設ける寺院も少なくなかったようで、かの有名な「東海道中膝栗毛」にも作中にて「湯灌場はどこだ」との台詞が登場することからも伺えます。しかしながら、現在に於いては湯灌による排水の問題もとりだたされ、湯灌の儀に対し賛否両論といったところであります。(非常に地域差があり、湯灌そのものが一般的ではないとする地域も存在いたします)
 
少なからず、大切な人を失い残された御遺族様の気持ちとしては、故人様の御遺体を荼毘にふす前に、身綺麗にして送り出したいと願う事は、ごくごく自然な感情です。
そのような、御遺族様の思いに答えるべく納棺の儀という儀式が発生したものと考えられます。

納棺の儀の流れ                        

  • 1 身支度
    • list-circle.png お着替え
      各宗旨・宗派に則ったお召し物にお着替え致します。また、ご希望により生前ご愛用のお召し物にもお着替え可能です。
      ※仏衣、神葬衣各種取り揃え(別料金となります)が御座います。お気軽にお申し付け下さい。

    • list-circle.png 処置
      身支度の中には、御遺体への処置も含みます。病院で行われる処置にプラスして、鼻腔や口腔への綿詰め、点滴後への保護等の処置を行います。 これにより、血液・体液の流出を防ぎます。

  • 2 お化粧
    • list-circle.png 男性
      髭剃り(顔剃り)、整髪、等

    • list-circle.png 女性
      お化粧、整髪、等

    ※生前の故人様のお顔に近づける為、お写真やご愛用の化粧道具がありましたら、お借りしております。


  • 3 納棺
    • list-circle.png 御遺族様による身支度
      ご納棺の前に御遺族様の手を借り、最終的な身支度を施します。
      (例)仏衣 手甲、脚絆、足袋などの縛着等

    • list-circle.png ご納棺
      御遺族様の手を借り、御遺体をお棺へとお納め頂きます。

※御遺族さまのご希望等を、可能な限り実現できる様執り行っております。
ご希望、ご要望等ございましたら、お気軽にお声掛け下さい。
 

一式料金

一式 3万5千円
  • list-circle.png 各宗旨、宗派に沿った身支度を致します。
  • list-circle.png ご遺族の皆様で、故人様最後の身支度をお手伝いいただく事ができます。
  • list-circle.png 故人様の生前ご愛用のお召し物へのお着替えも可能です。
  • list-circle.png 特殊処置につきましては、別途費用がかかります。
  • list-circle.png ご質問ご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お棺

  • list-circle.png 各宗旨・宗派に対応しております。
  • list-circle.png 和洋各色取り揃えております。
  • list-circle.png その他、ご要望などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

タイプ サイズ(長さ×横幅) 価格
布柩(刺繍) 190×45 6万円
布柩(ピンク) 180×45 4万円
布柩(白) 190×45 4万円
 
 
ご相談・ご質問などお問い合わせはこちら