永代供養墓「縁(えん)」

永代供養墓「縁」について

愛知県新城市にある、新昌寺では2015年(平成27年)に【永代供養墓・縁(えん)】を建立致しました。
 
現代におけるお墓の事情を鑑み、時代に即した新しいカタチの御供養を模索し続けた結果、
辿り着いた答えが「永代供養墓・縁(えん)」でした。
 
お墓問題にお悩みを抱える方が増加の一途を辿る中、お寺として出来る事は何かと思い立ち、2015年(平成27年)完成に至りました。
 
当初、当山で考えていた以上の反響を頂き、現代におけるお墓をめぐる、様々なお悩みが如何に切実な問題なのかと痛感致しました。
少子高齢化の為、残された御遺族へ掛かる負担が 想像以上に大きくなり、新城を始めとする地域の皆様がどれだけ悩んでおられるのか、
この「永代供養墓・縁」を建立するまで、本当の意味での体感が出来ておりませんでした。 不徳の致す所で御座います。
 
どうぞ、お独りで悩む前に、抱え込まずに、是非当山にご相談下さい。
どんな些細なご質問でも結構です。お気軽にお問合せ下さい。
 
  • 新昌寺の永代供養は、宗旨、宗派を問いません。

    十人十色様々な信仰をお持ちで結構です。どのような方でも、お亡くなりになり安らかに眠る場所で「あちらは良い、こちらはちょっと..」とは決して申しません。皆々様平等に静かにお休み頂けます。

    しかしながら、春彼岸、秋彼岸、お盆には合同供養をさせて頂いております。その際は仏式、当山の様式にて御供養させて頂きますのでご了承下さい。

  • 檀家になる必要がなく、手間が少ない。

    例えば遠方にお住まいの方、仕事の関係でお墓参りも年に1回来れれば良い方だという方、近年そのような方が増加傾向に有ります。

    現代には様々な就労形態が有り、異なる家庭環境があります。
    当山ではそのような皆様へ、檀家になって頂き、お寺と関わるお時間を増やして頂くのは、正直厳しいと考えております。ご負担を強いる結果は望んでおりません。 ですからどうぞご安心ください、檀家になる必要は御座いません。 

  • 一区画毎の納骨方式なので、安心。

    「永代供養墓・縁」では一区画毎に完全に区分けされております。
    「大きな扉の中に棚があり、そこにお骨壺が並んでいる。」そのような方式では御座いません。
    御一方に付き一区画となっております。
    他人さまと一緒の区画に並ぶ事は御座いません。もちろん御夫婦等で御二方同時に入れる区画も御座います。

    区画の上蓋には各区画毎に彫刻が出来る様になっております。ご遺族様の故人様に対する思いを反映しやすい仕様となっております。 また、最近では生前のうちに区画をお買い求めになられ、将来にそなえご自身でお好みの彫刻に仕上げる方もいらっしゃいます。

en_gaikan_big3.png

区画 永代使用料 彫刻料 安置料
一人入り 30万円 8万円 7万円
二人入り 40万円 8万円 7万円
一人入り(2区画) 50万円 12万円 10万円
  • list-circle.png 年間費、管理費の請求は致しません。
  • list-circle.png 中途返還の場合、料金の払い戻しは致しません。
  • list-circle.png お骨壺に入った状態で納骨致します。
  • list-circle.png 追加彫刻の場合、又、特殊彫刻の場合は別料金となります。
  • list-circle.png 供養料(読経料)は別料金となります、お気軽にお問合せ下さい。
  • list-circle.png 合同供養については、当山の様式にて執り行っております。
合同納骨式 永代供養塔のバナー
ペット用永代供養墓
ご相談・ご質問などお問い合わせはこちら