新昌寺の歴史について

新昌寺の歴史について

1539年(天文八8年) - 喜船庵の創建

新昌寺は、1539年(天文八8年)長篠山・醫王寺四世月傳太隋大和尚により創建されました。本尊は釈迦牟尼仏。
創建当初は「喜船庵」と称されておりました。
庵とは、風流人など浮世離れした者や僧侶が執務に用いる質素な佇まいの小屋のことで、恐らく当時は現在の新昌寺よりも小規模な佇まいであったと考えられております。
 

1660年(萬治3年) > 1791年(寛政3年) - 興国山・新昌寺へ

「喜船庵」は1660年(萬治3年)新昌寺と改められ、1791年(寛政3年)興国山・新昌寺に改められました。
その際、長篠山・醫王寺より十四世仙翁覚大和尚を勧請開山とし、開基は時の有海地区の領主、旗本・松平加賀右衛門として現在に至っております。
 

1575年(天正3年) > 1763年(宝暦13年) - 長篠の合戦と鳥居強右衛門勝商公

1575年(天正3年)に起った長篠の合戦では、「喜船庵」(当時)のある有海地区は激戦地となりました。その合戦の最中敵方に捕らわれ、忠義を貫いた上、磔死により壮絶な最期を遂げました、奥平家の忠臣・鳥居強右衛門勝商公が埋葬された墓は、現在も手厚く供養されております。
墓は1603年(慶長8年)に強右衛門の妻の故郷である作手村甘泉寺へ移設され、その後、1763年(宝暦13年)に有志の手により新しく新昌寺に再建されました。(一説には織田信長が強右衛門を弔うために建立させたと伝えられております。)
 
また当山近く、鳥居強右衛門勝商公が磔にされた有海原の篠場野には、磔死趾の碑(碑文 徳川家達公 書)があり、その値千金の活躍と至誠の忠義心を今に伝えております。

1903年(明治35年) > 1920年(大正9年) - 鳥居閣の建立

鳥居 強右衛門勝商公の磔の様子1903年(明治35年)境内本堂脇に奥平家忠臣・鳥居強右衛門勝商公を供養し、その業績を讃え後世に伝える為、有志により【鳥居閣】が建立され、1920年(大正9年)には墓が拡張され現在に残る形に整備されました。
 
また、本堂内及び【鳥居閣】には敵方である武田家家臣・落合佐平次道久公が鳥居公の忠義心に感銘を受け、描いたとされる鳥居強右衛門勝商公磔之図を書き直したものや、明治時代の画家揚州周延による合戦時の様子を描いたものが伝わり残されております。
 

1994年(平成6年) > 現在、そして未来へ - 現十九世の着任、永代供養墓の建立

1994年(平成6年)より現十九世が住職を務めており、今日迄20年以上に渡り‘興国山・新昌寺’の持つ長い歴史を伝え、そして今日もまた新たな歴史を紡ぎ続けております。
 
新昌寺では今後、現代における超高齢化、過疎化等々、様々な地域の抱える問題に対して、既存の寺院より一歩踏み出した問題解決を図り、より一層、地域社会に貢献し、次世代に向けた新しい取り組みを行って参ります。
 
その一つに永代供養というモノがあります。先祖を始めとする一族の眠る墓も、維持・管理する事が困難な時代になって来ております。当山でも2015年(平成27年)に永代供養墓・縁を建立し、またお墓の代理参拝をする~守り人~等のかつて無い御供養のカタチ、新しい選択肢を御提案させて頂いております。
 
守るべき歴史と伝統は尊重し後世に伝えつつも、既成の概念に囚われず現代に即したお寺の在り方を追及して行く所存でおります。
新昌寺は、今迄もそしてこれからも地域と共に歩んで参ります。
 

新昌寺の今の様子

歴史を育む当山を、写真でご紹介いたします。

新昌寺の外観当山の門をくぐると、広々とした敷地が目の前に広がります。写真左手に見えるのは、三河武士、鳥居強右衛門勝商公を祀った「鳥居閣」です。

 

新昌寺の外観 別の角度から別の角度から撮影した、当山の外観です。空を遮るものは何もなく、開放感を感じることができます。

 

新昌寺 緑が育む本殿入り口には、丁寧に手入れのされた日本庭園が、ご参拝の皆様をお出迎えいたします。

 

陣没将士の墓苑「戦国の陣没将士墓苑」は、長篠・設楽原の戦いでの陣没将士を祀った墓苑です。

 

陣没将士墓苑の近景長篠の戦いで、自らの身を賭して勝利を導いた、鳥居 強右衛門勝商公についても、この墓碑に記されています。

 

ご相談・ご質問などお問い合わせはこちら